[おしっこ我慢・おもらし小説] に戻る
[包茎・童貞・早漏小説] に戻る

お姉さん 笑顔

【包茎小説】ピンサロ嬢の包茎言葉いじめ

ここは個室ピンサロ。
訪れた俺は、ピンサロ嬢に「短小包茎おちんちんを可愛く言葉いじめしてもらいたい」という要望を出したのだった。

~~~~~

「それじゃあ、お客さんのチンポ、
 見せてもらおっかなあ。
 失礼しまぁす♪」

”ぽろんっ”

「・・・きゃっ、やだぁ」

「クスっ、やだぁ、ごめんなさい、
 私ったら、見ちゃった・・・」

「言っちゃおうかなあ?
 ねぇ、言っちゃっていい?
 言っちゃうよ?」

「お客さん、おちんちん・・・、
 皮、かむってるよ?」

「きゃはっ、言っちゃった(笑)
 ごめんなさい(笑)」

「でも、赤ちゃんみたいに超ちっちゃいし、
 キンチョーして縮んじゃったんだね?」

「あちゃー、おちんちん、
 恥ずかしい失敗しちゃったねぇ」

「大丈夫。
 つい緊張して縮んじゃったこと、
 つい皮かむっちゃったこと、
 おちんちんの失敗、
 お姉さん、見なかったことにしてあげる」

「だから・・・リラックスして
 いつもの立派な大人のチンポになろうね♪」

「え? 何?」

「え!? ウソォ!?
 普段からこの大きさなのぉ!?」

「やだー、ウソでしょ!?
 ほんとにぃ!?」

「大人なのにこんなちっちゃいおちんちん、
 初めて見ちゃったぁ」

「ソーセージというか、
 ポークビッツだね(笑)」

「つまりコレって、
 ホーケイってことだよね?」

「お客さん、ホーケイだったんだ?」

「恥ずかしいんだ~~(笑)」

「チンポって言うより
 おちんちんって言ったほうが
 似合ってるね(笑)」

「クスっ ホーケイお子チャマおちんちん♪」

「恥ずかしい~~(笑)」

「背格好は大人なのに・・・ボク、
 アソコはお子チャマだったんだ(笑)」

「成人式も上げてるのに、
 おちんちんは成人できなかったんだね(笑)」

「こんな恥ずかしい
 お子チャマおちんちんぶら下げて、
 いつも後輩とかに、
 偉そうに指導とかしてるの?」

「え? 後輩って女のコなの?
 その女のコにお子チャマおちんちん
 知られちゃったら、大笑いされちゃうねぇ」

「きゃっ やだぁ、
 私、おちんちん触ってないのに、
 ムクムク大きくなってきたぁ」

「私の言葉だけで大きくなるなんて、
 変態さんだね?」

「それじゃあ、このまま大きくなって、
 大人おちんちんになろっか?」

「ホーケイ♪ ホーケイ♪
 ホーケイおちんちん♪
 かわいいお子チャマおちんちん♪

 こういう言葉がいいの?」

「ん・・・、大きくなってきてる・・・。
 それじゃあもっと大きくして、
 おちんちんのお顔、出そうね?」

「え? 何?」

「え!? ウソォ!?
 これでフルボッキなのぉ!?」

「やだぁ(笑)
 超ちっちゃい・・・。
 皮もかむっちゃってる・・・」

「ボク、ボッキしても
 子供おちんちんなんだ(笑)
 あちゃー、ボク、
 一人でおちんちんのお顔、
 出せないんだ(笑)」

「こんなとこ、女のコに見られたら、
 笑われちゃうよ?」

「情けないねえ?
 恥ずかしいねえ?」

「それじゃあ、一生懸命頑張って
 お顔出そうとしてるおちんちん、
 お姉さんの指で、
 助けてあげちゃおっかなあ?」

”むきっ”

「やったね、
 おちんちんのお顔出せたよ?」

「おちんちんの成人式(笑)
 大人おちんちんになれて、
 よかったねぇ?」

「でも、亀頭もちっちゃいし・・・、
 お姉さんが指を離したら・・・」

”ずるる・・・”

「やっぱり、
 子供おちんちんに戻っちゃった(笑)」

「ボク、私の指に助けてもらってないと、
 一人の力じゃ大人おちんちん、
 維持できないんだねぇ。
 恥ずかしいねぇ(笑)」

「どうしよう?
 ボク、恥ずかしいよ?
 子供おちんちん、女のコの前に晒して。
 ほら、早く大人の
 おちんちんにならないと?」

「ほら、お姉さんに恥ずかしい
 子供おちんちん、見られちゃってるよ?
 早く大人のおちんちんにならないと?
 ねえ、どうしたの?
 ほら? 早く?」

「って、自分の力じゃ
 大人おちんちんになれないんだよね(笑)
 お姉さん、イジワルしちゃった(笑)」

「しょうがないなぁ、
 お姉さんがまた指で助けてあげる♪」

”むきっ”

「よかったねぇ。
 お姉さんが助けてあげて、
 恥ずかしくない格好に戻れたよぉ」

「じゃあ、ボク、
 お姉さんにどうしてもらいたいの?」

「え? おちんちんコスってもらいたいの?」

「でも、おちんちん、子供だよ?
 子供おちんちんじゃ、
 シャセイできないよ?」

「え? ボク、子供おちんちんなのに、
 シャセイできるの?」

「ウソだぁ(笑)
 こんな子供おちんちんなのにぃ(笑)」

「ほんと?
 じゃあ、子供おちんちんが
 一人前にシャセイできるか、
 お姉さん、試してあげる」

「お姉さん、聞いたことあるんだけど、
 ホーケイおちんちんって、
 皮余ってるから、竿だけでコスれるんだよね」

コスコスコス・・・

「わぁ、ほんとだ、竿だけでコスれる(笑)
 おもしろ~い(笑)」

コスコスコス・・・

「気持ちいい?
 気持ちいいの? 竿コキ?」

コスコスコス・・・

「わぁ、おちんちん、子供なのに、
 先っちょから我慢汁が出てきたぁ(笑)」

「ほんとにシャセイできるんだ?」

「じゃあ、お姉さん、
 亀頭もコスってあげちゃおうかなあ?」

「やだ、ほんとに超ちっちゃい(笑)
 お姉さんの右手の中に
 すっぽり隠れちゃいそう(笑)」

ズリュズリュズリュ・・・

「どう、気持ちいい?」

ズリュズリュズリュ・・・

「シャセイしそうになったら、言ってね」

ズリュズリュズリュ・・・

「え? シャセイしそう?
 じゃあ、ティッシュの中に
 いっぱいシャセイしようね?」

ズリュズリュズリュ・・・!

「きゃっ 出たぁ
 子供おちんちんなのに、
 ほんとにシャセイしたぁ」

「じゃあ、皮の裏まで、
 丁寧にお口でお掃除してあげる♪」

レロレロレロ・・・

「お疲れ様でした♪」

「って、おちんちん、
 もう子供に戻っちゃった(笑)
 大人おちんちん期間、短かったね(笑)」

「大丈夫、
 ボクの恥ずかしい子供おちんちん、
 お姉さんだけの秘密にしてあげるから、
 また来てね♪」
			

感想はこちら!
[おしっこ我慢・おもらし小説] に戻る
[包茎・童貞・早漏小説] に戻る
inserted by FC2 system