[おしっこ・我慢・おもらし小説] に戻る

女王様 潮吹き

【童貞包茎小説】潮吹き女王様

「クスっ 
 ほんとに粗末なチンチンねぇ。
 包茎で、おまけに童貞だなんて。

 皮引っ張ってみよっか?

 え? 痛いって?
 いっちょ前に痛がってんじゃないわよ。

 じゃあ、その包茎童貞チンポ、
 私のオマンコでかわいがってあげるわ。
 感謝しなさい。

 童貞だったら、興奮しすぎて
 挿入した瞬間に
 射精しちゃったりしてね(笑)」

ズブブ・・・

「挿れてみると
 意外と大きいわね・・・。
 どう、初めてのオマンコの感触は?

 童貞包茎チンチンのクセに
 挿れた瞬間に射精しなかったわね。
 てっきり生マンコは
 童貞包茎には刺激が強すぎて
 挿れた瞬間に射精しちゃうかと思ったわ。
 褒めてあげるわ。

 じゃあ、童貞包茎には荷が重いだろうけど、
 少しは私も気持ちよくさせなさいよね。
 それと出そうになったら言いなさいよ?
 包茎クン?」


1分後

「どう? 気持ちいい?
 このまま一気にシゴいて
 射精させてあげよっか?
 え? もっと気持ちよさを味わってたいって?
 仕方ないわね、ゆっくり動いてあげる。
 まだ射精はお預けよ?」

3分後

「はぁっ はぁっ
 包茎チンポ、い、意外ともつじゃない・・・。
 我慢しなくていいのよ・・・?
 射精したかったら、
 射精していいのよ・・・?」

4分後

「アッ ハァッ アア~~~ッ!
 射精していいのよ・・・!
 射精していいから・・・!
 射精しなさい・・・!
 早く・・・! 射精して・・・!
 アッハァ~~~~ン!」

5分後
 
「アッ! アッ! アッ! アッ!
 アア~~~~~~~~~~~~ッ!!
 射精して・・・ッ!
 早く射精して・・・ッ!
 アンッ! アンッ! ダメッ!
 イッちゃう!ッ イクッ!!
 イックゥ~~~~~~~~~ッッ!!」

プッシャァァァァァーーーーーーッ!! 

ビクン! ビクン!

こうして女王様は散々馬鹿にしてた童貞包茎チンポに見事に潮を吹き上げさせられ、完全屈服してしまうのだった。
			

感想はこちら!
[おしっこ・我慢・おもらし小説] に戻る
inserted by FC2 system