[おしっこ・我慢・おもらし小説] に戻る

【童貞早漏小説】早漏改善トレーニング

”早漏改善トレーニング”

今度の企画物AVのタイトルだ。
よくある、素人の早漏くんのオチンチンを何度も暴発手前で寸止めして、早漏オチンチンを鍛えるという内容だ。

主演女優は玲央奈(れおな)
グラマーなボディでサドッ気の強い26歳のお姉サマ女優だ。


監督と台本をチェックする。

監督
「というわけで、最初はソファに座ってトーク、
 それから手コキで
 早漏くんの寸止めを繰り返して、
 次に正常位で寸止めを繰り返して、
 そして最後は騎乗位で・・・」

玲央奈
「ええ、わかってます」

このAV、実はドッキリ作品で、暴発しそうになってる早漏君にお構いなく騎乗位で腰を振り続け、情けなく暴発させるという、とっても意地悪なシナリオが用意されているのだ。

玲央奈
「クスっ、
 監督、イジワルですねぇ、
 こんなシナリオを用意するだなんて(笑)

 クスっ、必死に我慢してる
 早漏くんに容赦無く
 騎乗位の腰振りで暴発させちゃうなんて、
 今から考えただけでもゾクゾクしちゃう(笑)

 ふふ、暴発しちゃった早漏くん、
 何とも情けない顔するんだろうなぁ(笑)」

玲央奈はイジワルな笑みを浮かべる。
サドッ気の強い玲央奈にとっては、堪らないAV撮影だ。


~~ 2 ~~

撮影当日、
素人の早漏くんが2人やってきて、まずは1人目の撮影。

監督
「手コキ、正常位、それから騎乗位、
 そして最後はバックでフィニッシュだから。
 大丈夫、それまで寸止めするから、
 暴発しないはずだよ」

早漏くん
「ハ、ハイ!」

意地悪な監督、早漏くんが騎乗位で暴発したらダメということの念を押しておく。素人の早漏くん、イジワルなお姉さんに騎乗位で情けない暴発をさせられてしまうとも知らないで・・・。


撮影に入る。

まずは服を着て、玲央奈と素人早漏くんがソファに座って、トークする。

「大学生なんだ?」

「ハ、ハイ・・・」

「彼女は、いるの?」

「ハ、ハイ・・・、いちおう・・・」

「じゃあ、いつもエッチで、
 暴発しちゃうんだ(笑)
 何分ぐらいもつの?」

「さ、30秒ぐらい・・・」

「30秒って(笑)
 ほんとに早漏なんだね(笑)

 じゃあ、これから早漏改善トレーニングをして
 早漏オチンチン、一緒に鍛えようね」

2人は服を脱ぎ始める。

玲央奈
「じゃあ、まずは手コキで
 トレーニングしようね」

玲央奈は早漏くんのオチンチンを手でコスリ始めた。


~~ 3 ~~

シコシコシコ・・・!

早漏くん
「あ・・・! やばい・・・!
 出そう・・・!」

玲央奈
「え!?」

玲央奈は慌ててオチンチンから手を離す。
暴発しそうなオチンチンは、玲央奈の離した手の中で、ヒクっヒクっとしている。

玲央奈
「あ~~、危ない・・・!
 頑張って・・・! 頑張って・・・!
 我慢して・・・!」

早漏くん
「あ・・・ふぅ・・・」

何とか我慢できたようだ。

玲央奈
「クスっ やだぁ(笑)
 ボク、20秒も経ってないよ?
 ほんとに早漏くんなんだね(笑)

 ゴメンねー、お姉さん、
 強くコスりすぎちゃったー(笑)
 次はもっと優しくゆっくりコスるから、
 それでトレーニングしようね(笑)」

早漏くんをナメまくっている玲央奈。

それから同様の寸止めを3回繰り返した。

玲央奈
「オチンチン、よく我慢できました。
 偉いですよ。
 それじゃあ次は、
 オマンコでトレーニングしようね?」

玲央奈は股を広げた。

玲央奈
「じゃあ、正常位で挿れてね」

ムニュゥ・・・

早漏くんは正常位で、早漏オチンチンを玲央奈のオマンコの中にうずめた。


~~ 4 ~~

早漏くん
「あ・・・ちょっとやばい・・・!」

玲央奈
「え!?
 挿れただけで出ちゃいそうなの!?

 ぷっ ちょっと、やだぁ(笑)
 って、笑っちゃってごめんなさい。
 ボクは真剣なんだよね?

 それじゃあ、ゆっくり、ゆっくり、
 慎重に動かして、トレーニングしようね」

ヌル・・・ヌル・・・

早漏くんは、暴発しないように慎重にゆっくりとオチンチンを出し入れする。

早漏くん
「ん・・・、ん・・・!」

慎重にゆっくりと、少し動いてはすぐ止まる、の繰り返しだ。

玲央奈
「気を付けて、慎重に、ゆっくりとね(笑)

 って、これじゃあ女の子、
 全然気持ちよくならないね(笑)
 
 まあこれは早漏改善トレーニングだから、
 ボクのペースでゆっくりやっていいよ(笑)」

完全に上から目線の玲央奈。

そうして正常位で寸止めを3回繰り返した後、

玲央奈
「それじゃあ、今度は
 騎乗位で私が動くから、
 それでトレーニングしようね」

早漏くんは仰向けになった。

玲央奈
「出そうになったら言ってね。
 すぐ止めるから、大丈夫だよ?
 それでトレーニングしたら、
 最後はバックでフィニッシュしようね」

バックでフィニッシュどころか、騎乗位で暴発させるつもりなのに・・・、イジワルにも早漏くんにプレッシャーをかける。


~~ 5 ~~

玲央奈
(挿れただけで暴発しそうだなんて、
 かわいい(笑)
 
 じゃあまずは、
 ゆっくり動いちゃおっかなー?)

ゆさ・・・ゆさ・・・ゆさ・・・

玲央奈はゆっくりと腰を上下に動かした。

玲央奈
「頑張って。頑張って、ね?」

早漏くんは、暴発しないように何とか頑張る。

そして・・・

玲央奈
「じゃあ、ちょっとだけ
 早く動かそっか?」

ユサユサユサユサ・・・!

玲央奈は腰のスピードを速めた!

早漏くん
「あ・・・ちょっと・・・!
 やばい・・・! 止まって・・・!」

ついにドッキリの時が来た!
スタッフ全員ニヤニヤ顔!

玲央奈
「えー?
 そんなに止まってばっかりだと
 トレーニングにならないよ?
 もうちょっとだけ頑張ろ?」

玲央奈もイジワルな笑みを浮かべて、
そして・・・!

パンパンパンパン!

イジワルにも全力で腰振りを開始したのだ!

「あ・・・! お姉さん・・・!
 止まって・・・! 止まって・・・!
 あ・・・! ああ!」

早漏オチンチンはAV女優のお姉さんのテクニックには敵わなかった! 情けない顔をして・・・!

どぴゅーーーっ ぴゅーーっ
ぴゅーっ ぴゅっ ぴゅっ

玲央奈
(やったー! この感触!
 暴発したーーっ!)

玲央奈は腰振りを止めてあげた。

早漏くん
「あ・・・あ・・・
 お、お姉さん・・・
 ゴ、ゴメンなさい・・・」

玲央奈
「なになにー?
 どうしたのー?

 えっ ちょっと、やだ、
 ウソ、ひょっとして・・・

 ボク、お漏らししちゃったのぉー!?(笑)」

何とも情けない顔をする早漏くん!
スタッフ全員大ウケ! 玲央奈もニヤニヤ顔!

玲央奈
「えー?
 まさかお漏らししちゃうだなんてー(笑)
 こんなに早くお漏らししちゃうだなんて
 思わなかったぁー(笑)

 ゴメンねー、お姉さん、
 強くしすぎちゃったぁ。

 この後、バックでフィニッシュ
 するはずだったのにねー?」

台本の予定より前のまさかの暴発、お漏らしをしてしまった早漏くんは、顔を真っ赤にして何も言えない。
玲央奈は早漏くんを暴発させた快感と優越感に浸る。

玲央奈
「ボクの早漏オチンチン、
 まだまだ修行が足りないなあ(笑)
 お姉さんが少し強く動かしただけで
 暴発しちゃうだなんて(笑)
 まだまだしっかり
 トレーニングが必要だね(笑)」

こうして1人目の撮影が終わった。
			
次へ

感想はこちら!
[おしっこ・我慢・おもらし小説] に戻る
inserted by FC2 system